読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

念願叶って牧野由依さんのライブに参加できた話

 1月22日に恵比寿ガーデンホールで行われた「YUI MAKINO LIVE―Thanx Beginning♪―」に参加してきました。

 

 

 私が牧野由依さんの単独イベントに行くのは今回が初めてでしたが、正にタイトル通りBeginnerの私でも楽しめる"ライブ"でした。

 

 

 そもそも私は放課後のプレアデス牧野由依さんが気になってから曲を聴き始めたオタクで、いつか生歌を聴きに行きたいと思ってた中イベ被り等で行けず終いでした。

そこで今日はevery❤︎ing!のリリイベから回せる日に開催されるという事を知り初参加という形になりました。

 

 今回の「YUI MAKINO LIVE―Thanx Beginning♪―」は、牧野由依さんの歌唱イベントはいつも「コンサート」というタイトルで行われているのですが、

「アイドルの牧野由依から知ったbeginnerでも楽しんでいただけるコンセプト」

ということで「ライブ」というタイトルになったそうです。

 そのコンセプトもあって、普段のピアノ弾き語りだけでなくダンサーをつけてダンスをしたり、その為に曲をポップにアレンジするなど初挑戦を披露してくれました。

 

 中でも特に私の印象に残ったのはライブ中盤の「CESTREE」からの「Brand-New Sky」です。

「CESTREE」といえば、牧野由依さんにしか表現できないあの歌声が特徴的なしっとり系不思議曲でしたが、このライブではクラップを入れたくなるようなダンスミュージック風にアレンジされていました。

ダンサーと共に「CESTREE」を歌い上げると同じくダンスミュージックでアップテンポなメロディへとアレンジされた「Brand-New Sky」に繋がります。

「Brand-New Sky」では今日のために年末から練習していたというダンスを披露します。

これがまた凄いキレたダンスで、声優・ピアニストの牧野由依とは別人とも思えるレベルでした。

サビには真似しやすい振りも入っていて、普段拳を上げて曲に乗るような現場ではない牧野由依の現場でも身体全身で高まりたくなる演出でした。

元々この曲は私の中でも3本指に入る推し曲でしたが、この解釈も抜群にアリだな!と感じました。

 

 他にも「ふわふわ♪」のポップなアレンジや、春の曲という事で「春待ち風」ではなく私の大好きな「三月物語」を歌ってくれたりと初参加にして100%の満足度でした。

生バンドの「ワールドツアー」も新鮮で「Say Hello」の掛け合いも良いですね。

ソルフェージュ」は完全に牧野由依さんの歌に魅せられました。

あれもこれもと無限に「いいね」が出てきてしまいますが、私は(今では完全に聴く側になった)ピアノが好きなのでピアニストである牧野由依の楽曲はやはり刺さるものが多いです。

セトリを見返すたびに新参オタクなりに「いいねぇ〜」と思えるセトリでした。

 

 ただひとつ残念だったのはオタクによる「ライブ」の雰囲気作りです。

序盤の弾き語りなど「聴く」タイプの曲では全員着席で聴いていたので、うんうんそうだよねと思っていたのですが、曲調がガラッとポップに変わって「囁きは"Crescend"」が披露された時も着席のままでした。

 私は座りながら高まりを抑えていましたが、曲中、牧野由依さんから「立ってもいいんだよ」という言葉があって私の周りからぽつぽつと立ち始めました。

その後のMCで「誰も立ってくれなくて正直、心が折れかけたよ(笑)」と牧野由依さんが語るくらいでしたから、フロアが空気を読めなかったのでしょう。

 確かに、普段の「コンサート」から簡単に雰囲気を変えるのは難しいとは思いますが、そういう時こそ最前にいるおまいつ達に率先して立ってもらいたいなあと感じました。

 

 改めてライブは演者だけでなくオタクも雰囲気を作って行くのが重要なんだなと認識しました。

 

 でも牧野由依さんのダンスパフォーマンスもあって、終盤になるにつれ現場の雰囲気が「ライブ」というコンセプトに近づいていったので私も遠慮なく曲を楽しむ事ができました。

 

 今回はそういう事もあって普段の牧野由依コンサートとは違う物ではあったと思いますが、これはこれで「アイドルの牧野由依」から入ったオタクからは乗りやすい現場であったんじゃないかなと思います。

 

楽曲派の私(笑)としてはアレンジ無しのピアノで魅せる牧野由依コンサートも聴きに行きたいですね。

 

牧野由依さんもMCで

「私の曲をずっと聴きに来てくれる方も、アイドルの私から知った方もみんなに楽しんでもらえないか去年からずっと考えている」

と話していたので、私みたいなライトなオタクも是非現場に足を運んで欲しいなと思います。

 

今日聴いたアレンジ曲が忘れられなくて、もう一度聴きたいのでライブ音源化など何卒よろしくお願いします。。。

年始からこんなに素晴らしいライブをありがとうございました。