読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生オタクが声優イベントで海外遠征をした記録

声優
f:id:moonstonelion:20170224121243j:plain

 推している声優の井澤美香子さんと中野さいまさんが香港のイベント

www.eventernote.com

に参加されるとの事で初の海外遠征をしてきました。

 

 私が学生なこともあってかなり費用を抑えて行ったつもりなので、特に学生イベンターの海外遠征の参考になれば幸いです。

 

-準備した事

 まずはチケットがないと始まりません。

今回はCitylineという中国系?のチケットサイトからの購入でした。サイトは英語に切り替えられたり、グーグル翻訳で丸ごと訳せたりしますが、誤訳があると困るので中国語が分かる友達に訳してもらいながら購入しました。

大抵クレジットカードがないと海外のチケットは購入できないと思いますし、AFAなどではパスポート番号も必要だったという話を聞いたのでそれらの準備が必要です。

また、海外のチケットは先着順がほとんどです。特にAFAは先着順で座席まで選べるので、チケット販売時間などをこまめにチェックしておきましょう。

 

 海外に入国するのに必要なパスポートですが、パスポートがないと航空機もホテルも予約出来ないので早めの準備が必要です。私の県では申請から発行まで1週間で終わりました。

 

 パスポートが取れたら航空機の予約。

遠征費を抑えたかった&前日にも井澤美香子さんのイベントがあったので深夜に成田を出るバニラエアを利用しました。約1ヶ月前に一番安いプランで予約して往復で3万でした。

 

 2040分成田発でしたので出発当日は井澤美香子さんの学祭イベ81の朗読劇を回してから成田に向かいました(笑)。武内君のナルシスイケメンボイスはやっぱ...最高やな!

この日は学祭ラッシュだったり、山崎エリイさんのデビューアルバム視聴会、マジカル福島とかいうクソイベ(褒め言葉)、藍井エイルのラストライブがあったりと、オタクの頭を悩ます日でしたね。

 

 東京から成田へ向かう手段では900円で電源付きのシャトルバスに乗れる京成東京シャトルがオススメです。予約式なので確実に座れてかつ安いので時間に余裕があるときに使えます。

 

 ホテル予約サイトはトリバゴ!ではなくagodaというサイトを利用しました。海外遠征に強いオタクに教えてもらったサイトですが、全体的にトリバゴより安い印象です。

クレジットカード決済なら海外のホテルで必要なデポジット料金も含まれているので安心です。

f:id:moonstonelion:20170224103929j:plain

 駅から徒歩10分でいい感じのホテルが10,000円で取れたので満足です。水二本が無銭で付いてました。アド!

 

 次に通信環境です。

キャリアのデータローミング¥3,000/1dayと高価なため地元SIMを利用しようと思ったのですが、SIMを現地で購入するのは言葉がわからず不安だったので事前にAmazonで購入しました。

  約1,000円で5日間1.5GB利用できます。ただし、アクティベーションには現地でSMSを送受信しなければいけないので、モバイルルータ等では使う事が出来ません。

私は2Gの電話機能付きモバイルルータS31HWアクティベーションしたのち、モバイルルータGL10Pに刺して使っていました。モバイルルータならオタク同士でシェアができるので安く抑えられます。

場合によってはヤフオクで安く適当なSIMフリー機を落としてもいいと思います。機種によって4Gだと周波数が対応していなかったり面倒ですが、3Gの電波なら大体掴めると思うので3Gに割り切れば問題ないです。

 

結局私の手持ちでは対応周波数的に4Gが利用できませんでしたが、3Gでも充分早く(空港で下り15Mbps前後、上り10Mbps前後)快適でした。

f:id:moonstonelion:20170224103838j:plain

また、香港は地下鉄からお店まで至る所にフリーWi-Fiがあるので、モバイルデータ通信を大幅に抑えられます。実際2日で700MBしか使ってません。

空港でモバイルルータをレンタルできる所もありますが、返却忘れには気をつけよう!

 

-実際の旅程

 香港国際空港に現地時間25時に到着したので空港で朝まで時間を潰さなければいけません。

私はゴールドカードなんて持っていないので、一泊400HK$もするラウンジは利用できません。

到着した第2ターミナルにはマクドナルドがあったので同じく遠征している井澤美香子推しと手紙を書いたり暇を潰していました。

ただ、寝ていると店員に退かされるので起きてなければいけません(笑)

 

 香港国際空港から市内まで移動するエアポートエクスプレスは朝の6時前から始発が出ているので始発から移動を始めました。

私はオクトパスカードという日本でいうSuica的な物を購入しなかったのですが、後に記述する通りこれは誤算でした。

 

 会場である九龍国際会議場に早く着いても何もないので、日本でいう新宿的な尖沙咀駅まで向かいました。

f:id:moonstonelion:20170224105933j:plain

この竹で組んだ足場と室外機の感じが香港っぽい。といってもその時はまだ朝の7時だったのでラジオ体操をする現地人しか見られず、九龍湾駅に場所を移しました。

 

 九龍国際会議場への行き方は九龍湾駅で下車の後、ショッピングモールを通り抜けて無料のシャトルバスに乗ります。

シャトルバス乗り場がとても分かりにくく、彷徨っていたら中国語と英語が話せる警備員が教えてくれて難を逃れました。しぇいしぇい。

 

 九龍国際会議場にはE-MAXというショッピングモールがあるのでそこで朝食を取ろうと、阿信屋759という地元チェーン店に入ったのですが店員が中国語しか話せず、よく分からないまま口に合わない料理を食べる羽目になりました。

九龍まで行くと英語の話せない人が増えるので、妥当なスタバやマクドナルドを勧めます。

 

-イベントレポ

f:id:moonstonelion:20170224103858j:plain

  ライブのチケットに書かれた14時という文字が、イベント開場時間なのか開演なのか分からず戸惑っていたら、日本語の話せるヴァルキリードライブのストラップをつけた女性の現地ファンが「14時は開場時間だという事」、「列の形成場所」を教えてくれて助かりました。圧倒的謝謝。

 

 開演前の諸注意は男性の声で中・英・日の3カ国語が流れ、開場から30分ほどで開演しました。番号順で入場して好きな席に座れるパターンでした。

最前だったので柵にガッツこうかなと思うも、謎のバリケードが書かれていたので断念。

MCの内容は香港の観光や食べ物の事、現地のオタクへの質問が中心だったので、僕らの観光する目的が生まれますし、現地ファンの反応も見る事ができました。

井澤さんは前日の学園祭トークショーで鼻声だったので大丈夫かな?と思っていましたが、元気な歌声を聴かさせてくれました。

中野さんの歌声は「God Knows」のようなロックな曲が似合いますね。

初披露のDont say lazyけいおん!のオタクとして最高のカバーでした。歌い分けとか練習に苦労したと思いますが、本当にありがとうございます。。

香港のオタクも頭を抱えた「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」。世界中で人気なんですね〜

ヴァルドラのオタクが沢山いた(とこのめちゃんコスの女性もいた)ので、スーパーウルトラハイパーミラクルロマンチックの披露があったら更にエモかったと思います。

 

 現地のオタクは翻訳が要らないくらいMCのレスポンスが早いし、日本語で優勝したりPPPHではなくオーイングしていたり、日本のライブに相当慣れてるみたいです。SHIROBACOカフェに行った事のある香港のオタクはナニモンだよと思いましたが(笑)

 

 現地民向けの無銭チケもあったみたいで(現地の女性ファンが無銭という言葉を使ってて爆笑した)香港ピンチケオタクが集まってなかなかアツい現場でしたよ。

これ、海外アニメ系イベントでは最大のAFAのライブにも行きたくなってきました。

 

 終演後は井澤さん中野さん2人とのサイン入りイベントポスターお渡し会がありました。

剥がしが無かったので、中野さんに香港の人と間違えられたり井澤さんと堀江由衣さんの話題になったりしながら1分くらい話していました。

プレゼントも直接渡せるしサインも貰えて剥がしもない。海外イベならではのアドですね。

 接近に通訳も付いていましたが、海外のファンは普通に日本語で話していて本当に凄いです。

 

 イベント終了後は再び尖沙咀に戻り、観光と個人経営っぽい中華料理店で生きていて一番美味しかった中華料理を頂きました。

f:id:moonstonelion:20170224111415j:plain

 ようやく美味しいご飯に辿り着けたところで私だけ一泊予定だったので、日本の井澤美香子ファンとは分かれてホテルに向かいました。

 

 翌日はモンコックの先達広場と家電量販店で安いスマートフォンを探しましたが、香港では2015年から定価での販売が義務付けられているため、お買い得感はありませんでした。

 

 帰りの便もバニラエアですが、香港国際空港は制限エリアに入ってから電車で移動したり搭乗するまで30分くらい掛かったので、搭乗時間には余裕を持った方がいいです。

 

-反省点

 行きの飛行機が深夜便ということで香港についてからシャワーを浴びたくなりました。これは安いラウンジなど要検討です。

 

前途したオクトパスカードですが、窓口での購入に150HKDのチャージが必要です。

短期間にこれだけ使えるかな?と思いますが、同日内エアポートエクスプレスの片道分無料特典、エアポートエクスプレスからの地下鉄乗り継ぎ1時間以内無料特典だけでアドを取れます。

現地人の殆どが券売機を使ってなかったレベルですし、オクトパスカードSuicaみたいに買い物もできます。

これは間違いなく購入をお勧めします。

 

 イベント後の接近の情報をFacebookページで公開すると発表されていたので、毎日Facebookに張り付いていましたが当日になっても更新はありませんでした。

結局井澤さんのツイートで接近の詳細を知るのですが、開場時間の話と同様に海外は情報公開がテキトーなので、その場で現地のオタクに話を聞くのがいいと思います。

日本語喋れる方も多いですし、彼らはイベント慣れしてますので。

AFAにしろ海外イベはFacebookでの告知が多いので顔本アカウントを一つ持っておくのもいいかもしれません。

 

 現地での食事で名前も知らない地元チェーン店に行く事は勧めません。現地民向けの味と言語で辛くなります。手堅く済ませるなら世界チェーン店、美味しいものを食べたかったら地元の個人経営店に冒険するか、高級料理店です。

 

 チップですが、私が行った限りのレストラン、ホテルでは初めから会計時に組み込まれていたので不必要でした。

 

 香港は元イギリス領ということで英語が通じると言われていますが、あくまでも空港と市内の繁華街のみでちょっと地方に行くと中国語しか通じないし、メニューに英語がありません。

 

 香港は動くもの全てが速いです。特に道路は車優先なので青信号でも轢かれそうになります。

地下鉄にダイヤは無い(あっても時間より早く出発してる)ので来た電車に乗るしかないです。一度乗れば、車内の路線図が滅茶苦茶分かりやすいので迷う事なく目的地に向かえます。

 

 あと、使ってる方もいると思いますがInboxというGoogleのメールアプリがオススメです。旅行っぽいメールを全て一覧にまとめてくれたり、搭乗ゲートやチェックイン時間を分かりやすく表示してくれるので大変重宝しました。

f:id:moonstonelion:20170224113814p:plain

-まとめ

 初海外遠征のイベントでしたが、アジアだった事もありトータル5万程度で行けました。観光もできてイベントもアド。金銭に少しの余裕があれば行かない理由がないですね。

f:id:moonstonelion:20170224112839p:plain

 結局のところ反省点は香港旅行者全てに通じるものばかりでしたし、イベントのチケット面でのハードルは全然高くありません。

 

 AFAに始まり近年ではラブライブ!声優やアイマスコンテンツなどで海外イベントが増えているように感じます。特にソニーミュージックは海外に積極的な印象もあります。

皆さんも推しの海外イベでアドを得ましょう。

 

f:id:moonstonelion:20170224103913j:plain